住宅型有料老人ホーム あ・うんの家

交通アクセス

TEL:0928721707

年間行事予定

※このフォームメールに入力された情報はSSLで暗号化されて送信されます。
送信いただいたお問合せにつきましては基本的に日曜・祝日を除き、遅くとも翌日までにご返信またはご連絡をいたしますが、繁忙時期は遅れる場合があります。
※お急ぎの場合はお電話にてご連絡ください。

お名前
姓    名  
せい   めい
住所

〒入力で住所が自動入力されます。

例)000-0000


電話番号(半角数字)

半角英数でご入力下さい。

メールアドレス

※お客さまメールアドレスに携帯電話のアドレスを指定される場合、お客さまの携帯電話で当社アドレス(×××@××.co.jp)からのメールが受信可能なように受信設定の変更を予めお願い致します。

メールアドレス: (半角英数)
再度ご入力下さい:(半角英数)
ご入所をご検討中の方のお名前
姓    名  
せい   めい
ご入所をご検討中の方との続柄

以下よりお選び下さい。

ご入所をご検討中の方の性別

以下より選択して下さい。

ご入所をご検討中の方の生年月日

年  月 
ご入所をご検討中の方の要介護度

資料請求

以下より選択して下さい。

お問合せ内容

ここに内容をお書き下さい。

プライバシーポリシー

【個人情報のお取扱いについて】
「あ・うんの家」は、その保有する個人情報の保護に関する規程を次のように定めます。

  • (目的)
    第1条 この規程は、「あ・うんの家」が保有する個人情報の適切な取扱いに関して必要な基本的事項を定めることにより、個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することを目的とします。
  • (定義)
    第2条 この規程において「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるものをいいます。
  • (利用目的の特定)
    第3条 個人情報の取得に当たっては、できる限りその利用目的を特定することとします。 利用目的を変更する場合には、本人に通知又は公表するとともに、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えません。
  • (利用目的の通知等)
    第4条 前条の利用目的は、あらかじめ公表されている場合を除き、本人に通知し、又は公表します。また、本人の同意を得ないで、利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱うことをしません。
  • (個人情報の適正な取得)
    第5条 個人情報は、第3条に定める利用目的の範囲内において、適正かつ公正な手段によって収集するものとします。
  • (個人情報の安全管理)
    第6条 「あ・うんの家」は、各々その保有する個人情報の安全管理のため、組織的、人的、物理的、及び技術的措置を講じます。 当サイトのフォームメールによる個人情報の収集につきましては、お客様の個人情報を保護するために1※「SSL」に対応しています。SSLにより、お客様が入力される名前や住所あるいは電話番号などの個人情報が自動的に暗号化されて送受信されるため、万が一、送信データが第三者に傍受された場合でも、内容が盗み取られる心配はありません。 当サイトのコンテンツにおいてその利用を制限されるものについてはID及びパスワード認証にてのみご利用いただけるように配慮しています。
  • (従業者及び委託先の監督)
    第7条 「あ・うんの家」は、従業者及び個人情報の取り扱いの全部又は一部を委託する場合はその委託を受けた者に対し、個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。
  • (個人情報の開示、削除等)
    第9条 「あ・うんの家」は、本人から、自らの個人情報について開示、訂正、追加又は削除を求められたときは、必要な確認を行い、遅滞なく対応します。
  • (苦情への対応)
    第10条 「あ・うんの家」は、個人情報の取り扱いに関する苦情を受付ける窓口等を設置し、苦情の申し出があった場合は、適切かつ迅速に処理するよう努めます。
  • (具体的な運用規則等)
    第11条 「あ・うんの家」は、本規程のほか、個人情報の管理運用に関する具体的な事項について、各々個別に規則等を制定し、個人情報保護に万全を期すこととします。
  • 1※SSLについて
    SSL(Secure Socket Layer)とは、インターネット上でデータを暗号化して送受信する方法のひとつです。通常、インターネットでは、暗号化されずにデータが送信されています。そのため、通信途中でデータを傍受されると、情報が第三者に漏れてしまう可能性があります。また、相手のなりすましに気付かずに通信すると、データがなりすましの相手に取得されてしまう可能性があります。現在、クレジットカード番号や個人情報を扱う多くのWebサイトでは、通信途中での傍受やなりすましによる情報漏洩を防ぐ目的でSSLを利用しています。利用者がSSLを利用できるサーバーとデータをやり取りする場合には、Webサーバーと利用者のコンピュータが相互に確認を行いながらデータを送受信するようになるため、インターネットにおける通信内容の暗号化およびなりすましの防止が実現されます。 IE(Internet Explorer)などのSSLに対応したWebブラウザを利用してSSLで保護されたサイトに接続すると、そのサイトのWebサーバーはサーバー証明書をWebブラウザに送ります。Webブラウザは、このサーバー証明書に付された認証局の署名が真正なものであることを事前に安全に入手していた認証局のルート証明書を用いて検証します。検証ができたら、WebブラウザはWebサーバーと暗号化通信のための鍵を交換し、その鍵で通信データが自動的に暗号化されるようになります。このとき、主なWebブラウザでは、アドレスバーやステータスに鍵のマークが表示されます。この鍵のマークをダブルクリックすると、サーバー証明書の詳細情報を確認することができます。

※こちらをチェックすることで、確認画面に進むことが出来ます

空室状況

現在の空室は0室ございます。

提携先一覧

御所ヶ谷ホームクリニック まいづるのデイサービス 株式会社まいづる