記事一覧

インフルエンザウイルス情報

ファイル 28-1.jpg

 年が明け、寒さ厳しい中、皆さまいかがお過ごしですか。
 今年に入り、まだ少数ではありますが、インフルエンザが流行の兆しを見せています。
 皆さま、予防に是非留意されてください。室内の湿度を保つこと、定期的に換気を行うこと、個人ではうがい、手洗いの励行をお願いします。
 昨年は、オフィス内でお仕事をされている方に流行している印象がありました。室内の湿度を保つには加湿器が言うまでもありませんが、広い空間ですと加湿が十分でないこともあります。時々部屋全体を、スプレーを使用して水を噴霧すると省エネにもなりますし、おすすめです。また数分間、窓を少しの幅開けただけで空気が流れ、換気になりますので、数時間に一度は、換気をしていきましょう。

 また、予防接種※がお済みでない方は、早めの接種をおすすめします。
 
 ※一般;3,600円 65歳以上;1,200円 13歳以下 ;1回目3,600円、2回目2,500円

医療と介護の連携~記憶あんしん外来担当医より~

記憶あんしん外来・精神科担当医の佐々木です。
今年4月から当院での診療をスタートして、もう1年が終わろうとしています。

大学病院・研究室での勤務と比べて大きく変わった今年のテーマは、「連携」でした。
精神科領域ではそもそも慢性の疾患が多く、病気を克服するというより、うまく折り合いをつけていく生活支援が重要です。認知症もまた、年老いていく人生の延長線上にあるとすれば、生活に根ざした支援体制の調整が大事であることは言うまでもありません。
クリニックでの診療は、地域医療同士の連携だけでなく、ケアマネージャーを含む介護や福祉との連携が必要であると実感しました。

↓このホームページでも、介護に携わる方々と連携するための相談票を用意しております。↓
http://goshogatani.com/ghc/p1-8.html
認知症の方々やご家族の生活状況をうかがい知ることができれば、治療にも生活支援にも反映させるチャンスが広がりますので、どうかご活用下さい。

パンダからのメッセージ

ファイル 26-1.jpgファイル 26-2.jpg

現在待合室に掲示している写真をご紹介します。

写真家である岩合光昭さんの写真と、中森じゅあんさんの詩が、とっても心安らかにしてくれます。

何となく体調がすぐれない方、家族の介護疲れをしている方、毎日お仕事や家事などで忙しい毎日を送っている方、ほっと一息、気分転換に目を通してみてくださいね。

メリークリスマス☆患者さまに人気のサンタです。

ファイル 25-1.jpgファイル 25-2.jpg

もうすぐクリスマスですね。

早いもので、御所ヶ谷ホームクリニック移転後2回目のクリスマスを迎えます。
クリスマスの飾りつけも去年より少し豪華?になってきて、新たに仲間が増えました。

今年は、サンタさんのでこぼこコンビが患者さまにとっても好評をいただいています。
「あら~、色がいいね。」とか、実際手にとってみられ、「焼物やね~、珍しい。」など皆さん興味深々のご様子です。

病院に来られた際には、是非感想をお聞かせ下さいね。

当院では、認知機能テストを独自にデータベース化し、治療に役立てています。

 当院では、認知症患者さまに認知機能テストを定期的に行っています。
 この結果を独自にデータベース化し、患者さま毎の経時的な変化や治療薬の効果を管理しています。
 また、経過をグラフ化することで、患者様にも治療後の変化などを視覚的にわかりやすく説明ができ、治療意欲を高める手助けとなっています。

相談票がダウンロードできるようになりました!!

グループトップページより、「相談票」がダウンロードできるようになりました。

★グループトップページ
内科・神経内科・リハビリテーション・在宅医療をご希望の方
「私たちは、ケアマネージャーとの連携を重視しています。」をクリックし、ページ中ほど、「相談票のダウンロード」よりダウンロードしてください。★

当院がかかりつけ医でない方も、日頃認知症介護や医療にお困りの事や相談がありましたら、用紙に記入してFAXをお送りください。医師または看護師が解答欄に記入して返信いたします。
どうぞお気軽にご相談ください。

お問い合わせ:TEL092-739-8525(担当鷹巣)
       FAX092-739-8521
     

インフルエンザ予防接種開始

ファイル 22-1.jpg

 10月1日より、インフルエンザ予防接種を当院でも受付開始いたします。

 料金は一般の方3,600円、65歳以上の方1,200円(福岡市在住の方)、小児1回目3,600円、2回目2,550円です。
 当院に受診歴がなくても、予防接種のみの受診が可能です。

 今年は例年に比べ、気温低下が急にすすんでいるため、インフルエンザの流行が早くなる可能性があります。

 ご希望の方は、当院にお問い合わせ・ご予約ください。

佐々木健介先生の研究が「Neurology誌9月号」に掲載されました。

九州大学医学部神経病理学教授 岩城徹先生、佐々木健介先生らの研究が「「Neurology誌9月13日号」に掲載されました。

~研究内容~
高コレステロール値と主な認知症であるアルツハイマー型認知症のリスクについて・・・「高コレステロール値※が、有意にアルツハイマー病の脳の特徴である老人斑の発生に関連することを発見しました。この結果はコレステロール値が特定のレベルを超すと老人斑の形成が促されると示唆しています。従って、コレステロール値を低く保つことで、このリスクを低減できるかもしれない。」(佐々木健介先生談)

※高コレステロール値(総コレステロール値 224mg/L以上)

その他、中年期以降に、コレステロール値を含む血糖値や血圧、体重などの心臓病リスク要因を健康なレベルに保つことは、心筋梗塞や脳卒中だけでなく認知症の予防のためにも重要であるようです。

詳しい研究内容については、当院佐々木健介医師までお問い合わせください。

認知症チーム医療研究会開催

ファイル 20-1.jpgファイル 20-2.jpgファイル 20-3.jpgファイル 20-4.jpg

平成23年7月26日、中央区の先生方を中心に第一三共株式会社主催「認知症チーム医療研究会」が開催されました。

記念すべき第1回は、御所ヶ谷ホームクリニック院長が総合司会を務め、講演は以下の通り行われました。

講演1「認知症の薬物療法」
御所ヶ谷ホームクリニック佐々木健介先生

講演2「認知症治療における当院の取り組み」
御所ヶ谷ホームクリニック院長田中耕太郎先生

認知症をもつ方が安心・安全な生活を続けていけるよう,
「早期発見・治療」「生活支援」「地域連携、医療・介護連携」
職員一同、積極的かつ真剣に取り組んで行く決意を新たにした研究会となりました。

健康元気の会 第3回

ファイル 19-1.jpgファイル 19-2.jpgファイル 19-3.jpgファイル 19-4.jpgファイル 19-5.jpg

去る6月26日(土)、「健康元気の会・第3回」が開催されました。

日野原先生、原先生率いる「新老人の会」の催しの一つで、第3回を迎えることができました。

準備体操から始まり、健康とは何かを考え、血糖測定後血糖値について勉強し、最後に坂本先生の指導のもと、歩き方レッスン・社交ダンスを行いました。

最初の写真は準備体操風景ですが、よく見ると肩があがっているのがおわかりでしょうか。また、歩き方レッスンでは、皆さん真剣そのもの。胸をはって姿勢よく1,2!!実は2枚の歩いている風景の写真は同じように見えて、前歩きと後ろ歩きなんです。後ろ歩きは、意外と難しくて、でもおしりがキュッとあがります。

皆さんとても若々しくて、健康に対する意識がとても高い方たちばかり。なんと平均年齢75歳です。

元気をみんなで高めあっています。